生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


11月2日 、トンネル用高精度のコンクリ厚計測装置開発(改良型?)

鹿島とコマツエンジ、トンネル用高精度のコンクリ厚計測装置開発産業ニュース - 11月2日(水)8時30分

 鹿島は1日、コマツエンジニアリングと共同で、トンネル内周のコンクリートの厚さを電磁波で高精度に計測できる「速度解析型電磁波レーダー装置」を開発したと発表した。コンクリート厚の不足や裏側の空洞などトンネルの健全性を調べる装置で、送信機から発した電磁波を2台の受信機で受信することにより、従来の電磁波レーダーに比べ計測精度が4倍に向上した。コマツエンジニアリングを通じてコンサルタント会社向けに販売する。受注生産で、価格は1500万円前後になる見込み。

 開発したのは、77年以前に多くつくられた在来工法によるトンネルを調査する装置。コンクリート表面から電磁波を放射し、コンクリート境界部からの反射波を受信機でキャッチして厚さを調べる。従来は受信機が1台で電磁波速度を仮定して、コンクリートの厚さを算出していた。開発した装置は受信機を2台に増やし正確な電磁波速度を算出できる。

管理人→77年前の装置再び!ですね。従来からの用途は年月にかかわらずあり続けると
      いう事なのでしょう。売ってもうける類の製品ではないみたいですので、需要などは
      この記事からわかりません。
      とにかく、もしかしたら、興味を持つ方がいるかもしれませんので、投稿します。

      
[PR]
by contpic | 2005-11-02 09:30 | ニュース
<< 新型?改良型?落石防護壁 清水建設。次世代のコンクリート... >>