生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


原発コンクリート。。。

浜岡原発コンクリートの中電報告 「膨張促進試験・圧縮強度試験とも問題なし」EICネット - H17-11-15

中部電力(株)は、浜岡原発の建物・構築物に使われているコンクリートについて膨張促進試験と圧縮強度試験を実施した結果、全ての試験箇所で安全上問題のない結果が得られたとする報告書をまとめ、平成17年11月15日付けで原子力安全・保安院に提出した。
 浜岡原発では16年に、4号機建設に携わった骨材製造会社が、建設当時にコンクリート用骨材の品質を保証するアルカリ骨材反応性試験(注1)の不正を行っていたことが判明したが、その後16年12月に保安院が「同原発のコンクリートはアルカリ骨材反応に対して健全な状態である」との調査結果を発表していた。
 コンクリート膨張促進試験・圧縮強度試験の実施は、16年12月の発表時に保安院が中電に念のために指示していたもの。

(注1)骨材に含まれる反応性シリカ鉱物や炭酸塩岩がコンクリート中のアルカリ性水溶液と反応し、コンクリートのひび割れ現象(アルカリ骨材反応)を発生させないよう、あらかじめ骨材の反応性を測る試験。【原子力安全・保安院】

→以前の不正のつけを払ってるみたいですが、結果的には、安全基準確認にもなっており
 いいことではないでしょうか。
[PR]
by contpic | 2005-11-16 10:02 | ニュース
<< どうなんでしょうね。談合?ミス? 不正 >>