生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コンクリートはく落!高知県にて

トンネル内のコンクリ片はく落 高知市横浜 高知新聞 2005年12月07日

 県道路公社が管理する高知市の県道「高知桂浜道路」の横浜トンネル(約1・65キロ)内でコンクリート片がはく落し、同公社が応急対応していたことが7日までに分かった。同公社は「再度入念な点検を実施する」として7日夜から翌朝までトンネルを通行止めにするが、はく落の事実も応急対応も未公表のまま。通行止めの案内も現地表示などのレベルにとどまっている。

 同公社を所管する県道路計画課によると、トンネル中央部の側壁のつなぎ目から重さ約3キロのコンクリート片が路肩に落下しているのを、パトロール中の同公社職員が発見。一晩通行止めにして直ちに応急対応し、他にはがれ落ちそうな67カ所のコンクリート片(計29キロ)を取り除いたという。

 同課は「施工時の微細なひび割れが経年の乾燥、収縮で開いてはがれ落ちた。通行車や人には当たっていない」と説明。トンネルは平成7年4月開通と比較的新しいが、手抜きなど施工上の問題との見方は否定し、「はく落の状況を調べ、補修が必要な場合は対応する」としている。

 同トンネルの施工過程では、下請け業者の手抜き工事とそれに絡む恐喝事件が発生。その後も下請け業者の作業員が「内壁コンクリートの一部が設計の3分の1の厚さしかない」と指摘し、同公社の調査で指摘通りの個所が1カ所見つかった経緯がある。

 県道トンネルをめぐっては一昨年、県発注の林道トンネル(旧高岡郡葉山村)で不正な粗雑工事問題が発覚。請け負った共同企業体が損害賠償請求されるなど施工の安全性や管理する行政側の姿勢が問われている。

 通行止めは午後10時から8日午前6時まで、同市六泉寺町から長浜蒔絵台1丁目の約3キロ区間。

→コンクリート片はく落。記事を読むと工事過程で下請けの手抜き工事などがあったとの事。
 もしも、大崩落など起こしてしまったらどうするのでしょう。
 日本国内に手抜き、偽造の建築、土木工事が点在していたら。。。。

 それと苦言を一つ。
 下請けの手抜きは悪いことですが、依頼側からの圧力があったのでは?という側面も
 すてられません。正当な技術と作業に正当な報酬であれば、問題も少なくなると思う
 のは甘い意見なのでしょうか。
[PR]
by contpic | 2005-12-08 13:38 | ニュース
<< 構造計算の紹介 耐震構造疑惑マンションをみやぶ... >>