生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山梨にてコンクリートに現場が不正介入!

中道町の治山工事:県、石の混入確認 業者の指名停止も検討、再工事命じる /山梨
(毎日新聞) - 2月1日12時1分
2月1日朝刊

 県発注の中道町内での堰(えん)堤工事で業者がコンクリートに周辺の石を混入したとされる問題で、県は31日、検査の結果、石の混入を確認したと発表。直径約15センチの石が計3カ所で見付かり、4センチ以下の石の使用しか認めていない契約に違反していたことが裏付けられた。県は請け負った「小泉建設」(同町上曽根)に混入部分の再工事を命じ、指名停止処分も検討する。
 県治山林道課によると、同社は県の聴取に対し、昨年11月8日午後9時ごろ、コンクリート不足のため、川への土砂流出を防ぐための小規模な堰(えん)堤2基のうち1基に直径10~20センチの石を二十数個混入したことを認めた。現場作業者が独断で混入し、責任者は知らなかったという。
 県は今月19~27日、コンクリート製の堰堤をくり抜き混入を確認する検査を実施。1基の側面や上面を直径10センチ、長さ1・5メートルの円柱状に計24箇所掘削し、上部の3カ所で石を確認した。
 県の監督員は工事の際、不純物混入の有無は確認していないという。同課の渡辺晴夫課長は「信義を欠く行為だ」と話した。県は再工事の各工程で作業状況を監視する。【藤沢宏幸】

→現場で行なわれたとの事ですね。コンクリートの現場での不正使用の一例です。
 姉歯事件以降、マスコミの関心も高まっているようです。。
[PR]
by contpic | 2006-02-01 14:51 | ニュース
<< しつこいようですが、水増しとい... 高流動コンクリートセグメントにエコ。 >>