生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


世界的コンクリート建造物に認定。

山城の「青雲橋」fib賞最優秀 世界的コンクリート建造物
徳島新聞  2月2日

 山城町大川持の「青雲橋」が、世界的に優れたコンクリート構造物に贈られるfib賞の最優秀賞を受賞した。コンクリート技術に関し国際的に最も権威ある組織「国際コンクリート連合(fib)」が設けた賞で、日本の橋が最優秀に選ばれたのは初めて。山間部の急峻(きゅうしゅん)な地形に適した、橋脚がなくても頑丈な工法が評価された。建設した山城町は、六月にイタリアで開かれる授賞式に職員を派遣する。

 切り立った山と深い谷…。生活の利便性を奪ってきた厳しい環境が、頑丈で斬新な工法を生み出し、世界的な評価につながった。「山間部の橋の、これからのモデルになる」と専門家はみる。「町の地形から生まれた世界に誇るべき橋。新たな観光名所にも」。町関係者は期待を膨らませた。

 青雲橋は、山城中学校と山城公民館が入る複合施設と国道319号を、銅山川(伊予川)を挟んで結ぶ取り合い橋として町が建設、二〇〇四年十二月に完成した。長さ九七メートル、幅六・三メートル、水面からの高さ四〇メートル。

 橋脚を設けず、両端の橋台だけでコンクリートと鋼鉄でできた橋を支える自碇(てい)式と呼ばれる特殊な工法を用いた。歩道橋などに使われた例はあるが、自動車も通れる橋としては世界初。総工費約三億三千六百万円。

 設計を担当したエイトコンサルタント(本社・岡山市、小谷裕司社長)の徳島支店によると、この工法は両岸に張り渡したケーブルに、上床版(路面)と鋼鉄製トラス(斜め材)、下床版を一体にしたユニットを次々と乗せ、橋を組み立てる。橋下部にアーチ状に渡され、橋の外観の特徴ともなっている下床版は足場にもなる。

 足場や橋脚を設置する必要がないため、大型重機が入れない山間部でも施工が可能で、工費を抑え、工期も短縮できる。自然景観への影響も少ないという。

 町によると、賞は四年に一度のfib世界会議に合わせて選定されていて、これまでに宮崎県日之影町の「天翔大橋」など国内の四橋が特別賞を受賞している。

 橋は昨年五月、国内で最高とされる賞の一つである土木学会田中賞も受賞している。乗常晃男・山城町建設課長は「町が造った橋が世界的な賞をもらえるとは思いもかけなかった。地域活性化にも役立ってほしい」と喜んでいる。

 水口裕之徳島大学工学部教授(コンクリート工学)の話 コンクリートとコンクリート構造でfibは世界で最も権威ある団体。青雲橋は自碇式の橋では国内で最大規模といってもいいのではないか。急峻(きゅうしゅん)な地形に合った工法で、山間部に橋を架ける際、多くの技術者が参考とする橋になるだろう。  

→面白いニュースです。
 日本にも世界に誇れるコンクリート建造物ができました。。
 写真はこちらへ
[PR]
by contpic | 2006-02-02 11:40 | 面白ニュース
<< コンクリート検査法実用化にこぎ... しつこいようですが、水増しとい... >>