生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サイロ内転落事故。過失責任により書類送検へ

双葉町の生コン工場死亡事故:業過致死傷容疑、元次長ら書類送検--浪江署 /福島
3月17日朝刊
(毎日新聞) - 3月17日13時2分更新

 双葉町細谷の生コンクリート製造会社「東北レミコン」双葉工場のサイロ内で昨年5月、作業中の男性従業員2人が崩れた砂で生き埋めになり死傷した事故で、浪江署は16日、当時の工場次長(61)とチームリーダー(43)を業務上過失致死傷容疑で地検いわき支部に書類送検した。
 調べでは、次長ら2人は昨年5月7日午前8時半ごろ、砂の上に乗らないことや確実に機能するような命綱の付け方など十分な安全管理上の指示をせずに、従業員にサイロの底の穴に詰まった砂を除去させた疑い。このため流れ出した砂に生き埋めになった杤久保忠敬(とちくぼちゅうこう)さん(当時57歳)が窒息死し、他の男性作業員が軽傷を負った。
 サイロは鉄製の円柱形で直径約7メートル、高さ約10メートル、容量は300立方メートルで、事故当時はコンクリート製造用の砂が約100立方メートルあった。サイロの底から砂を外へ出す穴が詰まったため、作業員4人が命綱をつけて砂を取り除く作業をしていたところ、すり鉢状の底から急激に砂が流れ、杤久保さんら2人が砂に引きずり込まれるように埋まった。

→危険作業の代償は、生命となってしまいました。
 定常的ではないにしろ、この手の事故が起きるのはやはり現場に問題があると
 いう事なのでしょう。
 根本的に、サイロに詰まったものを取り除く機能や、道具ができれば事故回避に
 役立つと思いますが。。
[PR]
by contpic | 2006-03-20 13:38 | ニュース
<< 愛媛県、海砂採取禁止に踏み切る。 生コン工場社長、事件にまきこまれる。 >>