生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ニュース( 100 )

岩原トンネル開通延期。手抜き施工の代償。

岩原トンネル:内部に無数のひび割れ 開通1年延期--十津川・国道168号
毎日新聞 - 奈良2006年6月3日(土)朝刊より引用。

ニュースソース
 国道168号岩原トンネル(奈良県)の開通が1年遅れることになったとの事。
本来は今年3月開通予定だったのですが、トンネル内のコンクリート壁に無数のひびが
発見され、結果的に補強工事が必要になったのがその理由ですね。

 記事内ではコンクリートに鉄片が混入していたり、設計上のコンクリートの厚さに
実際の厚さが不足していたことなどが紹介されています。

 なお、施工者は森本組東急建設です。今回の事でそれぞれ3ヶ月の指名停止と
なっています。

やっぱり、手抜き工事などはリスクが大きいですね。
指名停止ももちろんですけど、やはり信用失墜が一番大きいマイナス点だと思いますね。
[PR]
by contpic | 2006-06-05 15:18 | ニュース

原因判明!山手線緊急運休。覚えてますか?

山手線トラブル、コンクリート注入原因
引用   日本経済新聞 - 2006-06-03

ニュースソース

 JR高田馬場駅(東京都新宿区)近くでで4月、山手線のレールが盛り上がり、長時間運休
したトラブルの原因をJR東日本が2日に正式発表。

[原因]
 線路下のトンネル工事での施工管理。
 注入するコンクリート量が多すぎた為。

という訳で、施工方法ではないとの事なので、これまで中断していた同じ工法の他の工事
は再開するらしいです。

 調査結果の報告文の原文が是非みたいところですが、なかなか見つかりません。
とにかく、再発防止として、鉄板を固定して、圧力を(多分)線路に影響しないようにする。
また事故がおきても影響のすくない夜間に工事を行なうと発表したそうです。
でも、6時間も7時間も止まったら、また出勤ラッシュに影響でますよ。
[PR]
by contpic | 2006-06-03 10:05 | ニュース

不法廃棄にてタイホ。北海道にて。

産廃3300トン不法投棄 北広島 容疑の社長を逮捕 
2006/06/01 08:10

北海道新聞より引用
ニュースソース 
 札幌厚別署と道警生活環境課にて5月31日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、
北広島市西の里、鉄骨販売会社「下田産業」の下田若子容疑者(社長)を逮捕したとの事。

 北広島市西の里の同社所有地に、産廃であるコンクリート片などを大量に埋めたとの
疑いです。 なお下田容疑者は容疑を認めてるそうです。問題の産廃は生コン製造時や
ミキサー車の洗浄ででたそうですので、いわゆるスラッジなどなんでしょうか。

 どんな対応になるのかはまだ分かりません。ついでに不正はいけません。
こんな記事はすぐに見つかりますからねぇ。(-_-;)
できれば楽しい記事、面白い記事を取り上げたいです。
[PR]
by contpic | 2006-06-01 16:33 | ニュース

宮崎県にて。有事の際はミキサー車出動します。

県:県生コンクリート協と災害対策協定を締結 /宮崎
(毎日新聞) - 5月25日更新

 県は24日、災害時に不足する水の確保のために県生コンクリート協同組合連合会と災害応急対策協定を締結した。県の要請を受けて生コン協が業務用などの水を被災地に輸送し、救援に役立てる。災害時の応援協定は県トラック協会に続き2件目。25日には県建設業協会も協定を結ぶ。
 協定書では、県内で風水害や地震が発生するか、危険性がある場合、市町村や消防に要求された県が生コン協に要請。生コン協は通常業務に優先させてコンクリートミキサー車を出動させ、水の確保・輸送にあたる。
 締結式で安藤忠恕知事は「昨年の台風災害でも浸水被害でライフラインが断絶し、県民の生活に不自由が生じた。協力はありがたい」と話した
(以上引用)

→宮崎県にて、災害対策のため、宮崎県の生コンクリート協同組合連合会と、災害応急
 対策協定を締結した模様。
 この結果、有事の際は、県の要請をうけ、ミキサー車が業務用水(生活用水ではないです)
 を運搬する役を担う事になる。
 具体的には消化用水の運搬等。
 知事の発言は生活用水の確保を期待しているみたいですが、ミキサー車で運んだ水を
 のめるのだろうか。(もちろん掃除するとは思いますけど)
[PR]
by contpic | 2006-05-26 16:33 | ニュース

地盤と築堤工事。

亀裂現場を視察 由良川築堤工事で調査委
(京都新聞) - 5月8日18時49分更新

 今年2月、京都府福知山市大江町波美の由良川支流宮川の築堤工事中に亀裂が生じた現場を、河川や土木工学の専門家でつくる「由良川堤防調査委員会」のメンバーが8日、視察した。
 工事を進める国土交通省福知山河川国道事務所は、委員と協議の上、応急工事の工法を決め、出水期の6月1日までに処置する。
 2月25日、堤防盛り土上部に亀裂があるのが見つかった。亀裂は長さ約110メートル、幅約1メートル、深さ2・5-3メートルにわたり、さらに下部の護岸コンクリートも崩れており、盛り土の一部を撤去するなど応急処置した。同事務所は、京都大の井上和也名誉教授ら、河川工学や土質学の専門家5人で同調査委員会を発足させ、この日初めて会議を開いた。
 会議に先立ち、委員や同事務所職員が現地を視察。土を除去した個所や盛り土の圧力で押し出されるように崩壊した護岸ブロックを確認した。緊急ボーリング調査や土質試験の結果を踏まえ、対策工法を検討する。同事務所の山本直・副所長(河川)は「これから築堤工事が本格化する舞鶴地区は軟弱な地盤も多い。調査して今後の参考にしていきたい」と話す。

→以上引用文
 地盤が軟弱な地域での防災施工が難しいことの1事例です。
 単純に盛り土とコンクリートで堤防を築いても、地盤のゆるさで、結局堤防に亀裂が
 入ってしまうみたいですね。
 なかなか難しい土地ではありますが、築堤工事がこれから本格化するわけですから、
 有効な工法で施工してほしいと思います。

 
[PR]
by contpic | 2006-05-09 14:06 | ニュース

スタジアムにてコンクリート片落下。

コンクリート片が地震ではがれ落下
日産スタジアム

東京新聞 - 2006年4月28日より。

 横浜市港北区の日産スタジアムで二十一日に起きた震度3の地震の際、ゲートの壁などからコンクリート片が落ちるなどしていたことが分かった。

 日産スタジアムを運営する財団法人横浜市スポーツ振興事業団によると、地震の揺れで西口ゲートでは高さ九メートル部分からモルタル片(縦二十センチ、横四十センチ)が落下。仮設駐車場とホール一階の階段室内でもコンクリート片がはがれ落ち、天井などに十センチほどの亀裂が七カ所できた。

 地震は未明に発生したため、けが人はいなかった。建物本体は安全としているが、同財団は緊急の調査を行い、対策を講じていくとしている。

→日産スタジアムといえば、1998年に完成した日本最大規模スタジアム。キャパシティーが7 万を超える大きさです。実は1998年の秋季国体のメイン会場としての役割だったのが
 初の日本でのW杯で決勝戦の会場となりました。
 つまりです。まだ完成後8年しか経っていないところでコンクリート片落下って、かなり
 不安ですね。
 これだけ大規模な建築物ですし、手抜きとか、耐震構造計算偽造とかの可能性は低いと
 思っておりますが、実際のところ、どうなんでしょうね。
[PR]
by contpic | 2006-05-01 09:38 | ニュース

3月の沖縄の出荷状況

2006年4月27日 琉球新報発表によると
生コン出荷量は前年度同月より
1.5%増
公共工事向け出荷は6.5%増
民間工事向け出荷は1.6%減
との事。

以下引用文
 【建設】生コン出荷量は1・5%増。公共工事向け出荷は6・5%増だが、民間工事向けは
     1・ 6%減となった。セメント出荷量は4・0%減で5カ月連続で前年割れ。
 
 この件に関しては、専門ではないので分析はできませんが、セメント出荷が5ヶ月連続で
前年割れという点からみても、生コンの出荷が今後もよくて横ばい、多分減少ではないか。
と予想できます。
 また沖縄がリゾート地という事を考えれば、この時点で民間工事での減少はリゾート開発
の頭打ちになったとの印象を受けます。
 別の意味では、在日米軍関連の出荷が増加してるのか、とも考えられますが
そのあたりはどこを見ればいいのかな~。

※結構沖縄県はマメにこのような発表がありますね。
 他の県でもあると個人的には勉強のネタになるのですが。。(笑)

  
[PR]
by contpic | 2006-04-27 09:56 | ニュース

中国のセメント生産状況。。。

セメント、コークス、鉄合金の生産調整を強化へ
中国情勢24 2006/04/25(火) 14:44:34更新

  国家発展・改革委員会(国家発改委)は24日、セメント、コークス、鉄合金の3業種で生産調整を強化する方針を示した。新華社が伝えた。

  それぞれの業界で小規模な工場や技術的に遅れている工場の生産を停止させると同時に、規模などで一定の基準を満たす企業の生産能力向上を求めている。

  セメント業界では2005年の生産量が需要を2.5トン上回る13億トンだったのを、2010年までに12.5億トンに縮小。鉄合金業界では2010年までに生産量を2005年の25%減とし、1700万トンに抑える方針だ。

  中国当局は過去、2003年と2004年にも過剰投資への対策として鉄鋼、セメント、電解アルミの生産調整を打ち出してきた。ただし国家発改委では「今回の調整策はそれらとは意味合いが違い、マクロ経済調整策の連続性と安定性を保つためのものだ」と説明している。

→セメント業界では2005年の生産量が需要を2.5トン上回る13億トンだったのを
 ここは2.5ではなく、2.5億トンなのでしょうね。まさか2.5トン上回ったと正確な量
 を発表できたとしたら、中国はあなどれず。
 記事に突っ込んでしまうコメントになってしまいました。m(__)m
 しかし、生産量がものすごいですね。
 ちなみに日本では、71,682,000トン。約7千2百万トン。
 【資料元】セメント協会 http://www.jcassoc.or.jp/
[PR]
by contpic | 2006-04-25 15:45 | ニュース

ダム建設開始。

志津見ダム本体工事開始の打設式
山陰中央新報 - 平成18年4月24日

 神戸川上流の飯南町角井で建設が進む志津見ダムの本体に、コンクリートを初めて打ち込む打設式が二十四日、現地であった。国土交通省や地元自治体、工事関係者など約六十人がダム本体の建設開始を祝った。

 式では、国交省中国地方整備局斐伊川・神戸川総合開発工事事務所の八尋裕所長が「完成に向け、大きな節目を迎えた。流域住民の交流の一翼を担うダムを目指したい」とあいさつした。

 八尋所長が施工を行う共同企業体の引田守所長にコンクリート打設を指示し、巨大なクレーンにつり下げられたバケットで生コンクリートが約四十メートル下の現場まで下ろされ、工事関係者が地面に生コンを打ち込んだ。

 今後、出雲ドーム約一杯分となる四十三万立方メートルのコンクリートを使用して作業を進め、高さ八十五メートル、堤頂二百六十六メートルの本体を建設。二〇一一年三月の完成予定。

 同ダムは、洪水調節のほか、工業用水の供給や発電などの多目的機能を持ち、総貯水用量は五千万立方メートル。総事業費は千四百五十億円を見込む。

→志津見ダムは、重力式コンクリートダムですね。
 予定では、平成22年度に完成(って何月だ?)
 移転家屋は97戸。
 場所は島根県飯石郡飯南町角井です。
[PR]
by contpic | 2006-04-25 13:26 | ニュース

首都圏混乱。山手線停止!

<線路変形>JR山手線全線ストップ 復旧は夕方か
(毎日新聞) - 4月24日12時13分更新

 24日午前10時半ごろ、東京都新宿区大久保3のJR高田馬場―新大久保駅間を走行中だった湘南新宿ライン大船発宇都宮行きの普通電車(15両編成)の運転士から「通常の走行音と違う音を感知した」と、東京総合指令所に連絡があった。JR東日本で、付近を点検したところ、線路の一部が変形しているのが見つかった。国土交通省によると、線路の下の駅舎の改装工事中にコンクリートの打ち付け作業をしていたところ、何らかのトラブルで線路まで力が加わり盛り上がったのが原因という。

 JRでは、同ラインの大船―大宮駅間▽埼京線の大宮―大崎駅間の上下線▽隣接する山手線の内回り・外回り全線――で運転を取りやめ、線路の修復作業を急いでいる。JRは午後4時ごろの復旧を目指している。

 現場は、高田馬場駅から約600メートル南。走行中異常を感じた湘南新宿ラインの電車と付近を走っていた山手線の2本の電車が、現場付近で停車。数千人の乗客が車内に閉じ込められた。約1時間後、山手線の電車は停車場所で乗客を線路上に降ろし、高田馬場駅まで社員が誘導した。湘南新宿ラインは徐行運転で池袋駅に向かった。

◇払い戻しなどに長い列 JR新宿駅
 JR新宿駅の西口改札では、払い戻しや振り替えの乗車券を求める乗客らが100メートル近い列を作った。池袋で商談があったという男性会社員(51)は「商談には間に合いそうにない。最近のJRはトラブルが多くて困る」とあきれた様子。有楽町へミュージカルを観に行くという中野区の女子大生(25)は「午後1時の公演に間に合うかどうか心配です」と不安そうに語った。

 また、山手線のホームに止まっていた電車には、午前11時半ごろになって、「運転再開は16時ごろ」との車内アナウンスが流れた。会議のため目白へ向かうという千葉県佐倉市の会社員、村山友章さん(59)は「話にならないね。仕方ない」とあきらめ顔だった。

◇コンクリ注入量、多すぎた可能性 JRが調査中
 JR東日本によると、現場付近では03年12月から、JRが東京都の委託を受け、線路下を通る道路の拡幅工事をしている。線路が隆起した現場付近では、午前10時からコンクリート注入工事をしていたといい、JRはコンクリートの注入量が多すぎた可能性があるとみて詳しく調査している。

→午前10時からコンクリート注入工事をしていたとの事ですが
 それって本日2006年4月24日のことなんでしょうか?
 正式な調査結果がでるまでは何ともいえませんし、この記事自体、コンクリートが原因か?
 と言ってますけど、根拠が明確になってませんので、まだ憶測の域を脱していませんね。

 それにしても事故になる前でよかった。なんにせよ、事故にでもなってたら、
 山手と京浜東北、埼京線の長期停止は免れません。
 ここが止まったら振替なんて間に合わないですしね。
[PR]
by contpic | 2006-04-24 13:15 | ニュース