生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

新型?改良型?落石防護壁

県内企業が開発の落石防護壁
各務原で衝撃吸収を実証

中日新聞 岐阜

 県内企業などが開発した落石防護壁の強度や壊れ方を調べる実証実験が四日、各務原市那加桐野町であった。岐阜大学工学部の八嶋厚教授、沢田和秀助教授の研究室が、国土交通省の建設技術研究開発助成を受けて行い、国や県、開発企業の関係者ら約八十人が見学した。

 従来使われているコンクリート擁壁に加え、「ダクタイル鋳鉄製パネル枠工法」「間伐材製枠工法」「堤防型補強土防護壁」の三種を実際に作り、クレーンで十メートルまでつり上げた一トンの鉄球をぶつけて強度を調べた。

 ダクタイル鋳鉄製パネル枠工法は、県内企業が開発。鋳鉄製のメッシュ状パネルでかごを作り、中に石などを詰める。間伐材製枠工法は、下呂建設業協会が間伐材の有効活用法として開発。木材で組んだブロックを並べ壁状にし、砕石を挟み込んで作っている。福井県の企業が開発した堤防型補強土防護壁は既に実用化もされている。

 いずれの工法もこれまで河川の護岸工などに使われていたが、八嶋教授が落石防護に応用ができると考え、実験した。

 実験ではコンクリート擁壁が鉄球をはね返したのに対し、ほかの三工法は比較的柔らかく衝撃を吸収。いずれもコンクリートは壁面に亀裂が入ったが、三工法は衝突部分が変形したものの擁壁自体が大破することはなかった。八嶋教授は「ダグタイルや間伐材は安くて工期が短く補修も簡単。ある程度のエネルギー以下であれば十分、落石防護に使えると思う」と話した。

 同研究室では鉄球内の機材で測定したデータについても、今後公開する予定。

管理人→うーむ、コンクリートの用途がまた消えそうな記事です。
      ちなみに、まだ開発段階でテスト中との事ですので、まだ決めるのは早計かも。
      もしかしたら、価格が高いかもしれないし。
      でも住民の安全も考慮しないといけませんしね。自治体の判断は重要です。

      
[PR]
by contpic | 2005-11-07 15:16 | ニュース

11月2日 、トンネル用高精度のコンクリ厚計測装置開発(改良型?)

鹿島とコマツエンジ、トンネル用高精度のコンクリ厚計測装置開発産業ニュース - 11月2日(水)8時30分

 鹿島は1日、コマツエンジニアリングと共同で、トンネル内周のコンクリートの厚さを電磁波で高精度に計測できる「速度解析型電磁波レーダー装置」を開発したと発表した。コンクリート厚の不足や裏側の空洞などトンネルの健全性を調べる装置で、送信機から発した電磁波を2台の受信機で受信することにより、従来の電磁波レーダーに比べ計測精度が4倍に向上した。コマツエンジニアリングを通じてコンサルタント会社向けに販売する。受注生産で、価格は1500万円前後になる見込み。

 開発したのは、77年以前に多くつくられた在来工法によるトンネルを調査する装置。コンクリート表面から電磁波を放射し、コンクリート境界部からの反射波を受信機でキャッチして厚さを調べる。従来は受信機が1台で電磁波速度を仮定して、コンクリートの厚さを算出していた。開発した装置は受信機を2台に増やし正確な電磁波速度を算出できる。

管理人→77年前の装置再び!ですね。従来からの用途は年月にかかわらずあり続けると
      いう事なのでしょう。売ってもうける類の製品ではないみたいですので、需要などは
      この記事からわかりません。
      とにかく、もしかしたら、興味を持つ方がいるかもしれませんので、投稿します。

      
[PR]
by contpic | 2005-11-02 09:30 | ニュース

清水建設。次世代のコンクリート品質管理?

清水建設、ITを活用したコンクリート品質管理システムを開発・実用化
ITを活用したコンクリート品質管理システムを開発・実用化

―大量の品質データを確実に、しかも効率良く処理でき、高強度コンクリートの施工管理で本格活用中―
日経プレスリリース - 平成17年10月31日

清水建設(株)<社長 野村哲也>はこのほど、ITを活用したコンクリートの品質管理システムを開発・実用化しました。本システムを使えば、コンクリート打設に伴う大量の品質管理データを確実に、しかも効率処理が可能。現在施工中の超高層集合住宅「ワールドシティータワーズ」において、本システムを初適用して、通常のコンクリートに比べてより綿密な品質管理が求められる高強度コンクリートの打設などに活用しています。


※添付資料等がありますので、本文はリンク先をご覧ください。
ニュースソース
[PR]
by contpic | 2005-11-01 10:08 | ニュース

コンクリート圧送基幹技能者 初認定。 

初の圧送基幹技能者89人を認定 全圧連
(建通新聞東京10月31日付6面掲載)より転載

全国コンクリート圧送事業団体連合会(全圧連、佐藤勝彦会長)は10月31日付で、初のコンクリート圧送基幹技能者として89人を認定する。既に認定証と認定プラスチックカードを交付している。合格者については、11月中旬にも基幹技能者データベース(ヨイケンセツ・ドットコム内)に登録し、活用をPRする。全圧連では、18年度も本年度と同様に8月に認定講習・試験を実施する方針でいる。

 コンクリート圧送基幹技能者認定制度は、単に圧送技能だけでなく、コンクリート工事全般の技術に熟知し、施工管理能力を持つ者に対して与える資格で、将来は建設産業にあって重要な役割を担うものと位置付けている。

 受講者は、①コンクリート圧送業務が10年以上ある②コンクリート圧送施工技能士1級の資格を持っている③職長教育を修了している-の三つをすべて満たすことが要件。

 初の認定・講習は、全国から経営者も含めて123人が参加し、8月22日から24日まで静岡県富士宮市の富士教育訓練センターで実施。2日間は早朝から夜7時過ぎまでみっちりと講習を受け、3日目に認定試験に臨んだ。この結果、72・4%の89人が合格した。

 今回試験が不合格でも、講習は修了していることから、18年度には講習免除で試験だけを受けることができる。試験会場は東京都内を予定。

 全圧連では、「今後5~6年後に全国で500人程度の基幹技能者を育成し、社会に信頼される職種としていきたい」と説明。18年度には、会員外にも積極的にPRして受講を呼び掛けていく考えだ。

管理者→「コンクリート圧送」の事を学習しないとコメントもできません。(苦笑)
      勉強不足ですみません。
      しかしながら、初の認定という事で、周囲へどのような影響がでるのか今後注目
      ですね。
[PR]
by contpic | 2005-11-01 10:03 | ニュース