生コン&コンクリート情報提供(マスコミ報道抜粋!)
by contpic
カテゴリ
全体
ニュース
面白ニュース
世界のニュース
技術ニュース
その他の事
未分類
最新のトラックバック
宮崎ブランドを確立する方法
from 東国原式。ひがしこくばるしき。
寝袋兼用リュック
from 寝袋兼用リュック 情報サイト
アメリカ留学
from アメリカ留学の説明
年の瀬に駆け込み耐震偽装?
from 転職・就職の話題
絶壁で動けなくなった犬..
from 今、話題のキーワード
飲酒運転は消えるのか?
from 生活のキーワード
子供の防犯について
from 子供の防犯
水道水の水源ってどういっ..
from 水のある生活
焼酎かす:処理の“特効薬..
from お酒ニュース国内〜世界各国最..
耐震強度不足の疑い(非姉..
from ブログで情報収集!Blog-..
以前の記事
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

透けるコンクリート?

光とおすコンクリート、住田光学ガラスが国内で製造・販売
FujiSankei Business i. 2006/1/26

 光をとおす不思議なコンクリートが、日本市場に登場する。光学ガラスメーカー大手、住田光学ガラス(さいたま市浦和区)が、ハンガリーのリトラコン社(本社・ブダペスト)と提携し、同社社長で建築家のアロン・ロソンチ氏(28)が開発した光をとおすコンクリート「リトラコン」を日本国内で製造・販売する。住田光学ガラスは今年度から事業化に乗り出し、初年度は二億-三億円の売り上げを見込んでいる。

 これまで、光をとおし、映像情報の伝送もでき、耐火性や耐水性、遮音性に富み、建築躯体にも活用できる建築材料はガラス以外になかった。ロソンチ氏は、数年前からコンクリートに数十万本の光ファイバーを埋め込んで光をとおすコンクリート壁の実現を考案し、実験を重ね「リトラコン」を開発した。光ファイバーに住田光学ガラスの製品を用いたことで開発に成功したという。

 サイズは百-一千ミリ角で、厚さは十ミリ-数メートルまで製造できる。見た目にはふつうのコンクリートと同じだが、自然光や電灯をとおす。障子のように影絵のような表現も可能で世界の注目を浴びている。

 建築物の“顔”となる外観(ファサード)の材料として活用できるのをはじめ、住宅・マンションの表札、門扉、バルコニー、階段など、店舗関係では間仕切りカウンターやテーブル、サイン照明などに使用できる。

 また、公共施設ではLED(発光ダイオード)と組み合わせて床や地中埋め込み式誘導標識に利用でき、遊戯施設や公園、幼稚園に置かれるキャラクターの絵柄をつくることもできるなど広範な分野での活用ができるとしている。

 住田光学ガラスは、環境に配慮した鉛を使わない光学ガラスの量産技術を持った世界有数のメーカーとして知られており、かねてから光ファイバーの新市場開拓の試みとしてリトラコン社の製品に注目していた。リトラコン社も住田光学ガラスの技術力を高く評価、提携が実現した。

画像付き記事

→これは面白いです。耐久性などは疑問符がつきますが用途は何かしら
 あるかも。
 画像を見ると、まるでレントゲン写真のようですね。
 是非見てみてください。
[PR]
by contpic | 2006-01-26 09:50 | 面白ニュース

茨城県神栖市の件、住民説明会へ

ヒ素を含むコンクリート様塊などの処理について住民向け説明会開催へ 茨城県神栖市で 発表日 | 2006.01.24    情報源 | 環境省 サブカテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR

 茨城県神栖市の井戸水から高濃度の有機ヒ素化合物・ジフェニルアルシン酸が検出された問題に関連して、環境省、茨城県、神栖市は平成18年2月8日18時30分から19時30分まで神栖市中央公民館小ホールで、住民向け説明会を開催する。
 今回の説明会では、17年に同市で行った掘削調査により、高濃度ヒ素を含むコンクリート様の塊がみつかったことを踏まえて、この塊や周辺の汚染土壌の処理方法や処理のスケジュールなどを説明するもの。
 コンクリート様の塊や周辺土壌はこれまで同市内に保管され、本格処理に向けた技術的検討が進められてきた。

↓ プレスリリース
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=6757

→発覚したのは平成17年冬。平成5年以降に埋められたものと報道されました。
 対策の前に説明会開催となったものですが。この近辺。これだけではすみそうに
 ない雰囲気ですね。
[PR]
by contpic | 2006-01-25 11:10 | ニュース

排水川へ。藤沢にて生コン工場社長。。タイホされる。

廃水を川に、生コン製造の工場長ら逮捕
TBS (16日23:18)

神奈川県藤沢市にある生コンクリート製造会社の工場長らが基準値を超える強いアルカリ性の廃水を川に流していたとして逮捕されました。
 水質汚濁防止法違反の疑いで逮捕されたのは藤沢市の生コンクリート製造会社「ミックス藤沢」の工場長、湯舟清代司容疑者と技術課長の久保和直容疑者です。

 調べによりますと、湯舟容疑者らは去年10月から11月末までの間、4回にわたって、県の条例で定められた基準値を超える強いアルカリ性の廃水を近くの一色川に流していた疑いが持たれています。

 強いアルカリ性の廃水は生コンクリートを製造する際にできるもので、「ミックス藤沢」の工場内には中和処理するための装置もありましたが、1度も使われていなかったということです。

 湯舟容疑者は調べに対し、「違法であることはわかっていたが、経費節減のためにそのまま流していた」と供述し、容疑を認めているということです。

→またも生コン業界に波紋になるのか。しかも藤沢という地名には現状では
 かなりインパクトがあるはず。(GS藤沢の件など)
 この件で、また構造計算書偽造の件に関連付けられるとやっかいな事になるかも
 しれませんね。
[PR]
by contpic | 2006-01-17 10:28 | ニュース

写真、ついに公開。。。。みせて。

問題マンション、軟らかい生コン使用? 民主議員が指摘
asahi.comトップ 2006年01月12日21時12分

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、神奈川県藤沢市の分譲マンション「グランドステージ藤沢」について、民主党の下条みつ衆院議員は12日、記者会見し「(規定より)軟らかい生コンクリートが使われた可能性がある」と指摘した。納入した業者は「指摘は事実に反する。規定通りの強度になるよう出荷時に検査を行い、その記録も残っている」と反論している。

 下条議員は、生コンを現場に納入した際に撮影されたとされる写真を公表。1級建築士や第三者の納入業者に確認したところ、生コンが鉄板に広がった様子から、同じ写真上の確認用の黒板に書かれた規定の数値より軟らかく見えると指摘されたという。規定の数値は日本工業規格(JIS)に基づいている。

 下条議員は「この通り使われているとすれば危険性が増す。迷わず生コンを受け入れたとしたら最終責任は施工会社にある」と語った。

 このマンションは木村建設(破産手続き開始)が施工し、ヒューザーが販売。耐震強度は0.15で、偽装が判明している中で最も低い。

→ついに写真が明るみにでてきました。
 実際、専門家にみせた見解がないのが残念。建築士じゃなくてコンクリート技士に
 みせてみた結果もほしい~。
[PR]
by contpic | 2006-01-13 09:49 | ニュース

温度を低減するコンクリート舗装材 開発!

持続的に温度を低減するコンクリート舗装材
(日経コンストラクション2006年1月13日号「新製品・新サービス」)

ユニソンは、保水性の高いコンクリート舗装材「MIZHO[ai](ミズホ・アイ)」を発売した。エンテックとの共同開発。

1cm3当たりの保水量が0.25g以上の「スーパークールG」、0.15g以上の「クールG」と「クール」の3タイプ。保水性が高く水分蒸散量が多いので、路面温度の上昇を抑える。

降雨などで浸透した水分を多孔質構造内に蓄え、気温が上昇すると表面から水分を蒸散させて気化熱冷却効果で温度上昇を抑制する。継続的に表面温度を下げる。

詳細は
 原料の60%以上に産業廃棄物を使用。自然環境に配慮した。「スーパークールG」と「クールG」は,天然骨材を基調にした自然な色合い。景観にマッチする。価格は1m2当たり6195円から。


●開発者のコメント
住民から「良かった」と言われるものに
エンテック研究開発担当
福田 章子

 ヒートアイランド現象を抑制する保水性舗装のニーズは高い。セラミックス製品には性能の高いものはあるが,コンクリート製品には満足のいくような性能のものはなかった。
 コンクリートが元々持っている程度の保水量しかないものさえあり,透水性能が高いので,温度が逆に上がってしまうこともあった。しかし,自治体では「価格が安い」という理由だけで,そういう製品を採用していたのが実情だ。
 実際に使用して温度を測り,住民から「良かった」という声が出なければ保水性舗装は普及しない。そこで,価格が安く,景観にマッチするコンクリート材の良さを生かしながら,保水率が高い製品を作ろうと考えて開発した。
 国土交通省フィールド実験「環境舗装東京プロジェクト」で最優秀評価を得たセラミックス舗装材「FUJI」の技術を生かし,コンクリート製品ではこれまでなかった25%の保水率を実現した。安い価格で,セラミックと同等の保水性能を提供できる。(談)

→よく意味がわかりませんが、安価に温度を低減するコンクリート舗装用素材が
 開発できた。そして、これは、ヒートアイランド対策に効果的という事です。。
 しかし、大都市で果たしてコンクリート舗装ができるのか?
 施工の条件等、運用面で課題が残っていそうだな、と思います。
[PR]
by contpic | 2006-01-11 11:49 | 面白ニュース

今年もよろしくお願いします。で生コン品質問題の記事発見

一部業者が「ルール無視」-損害賠償請求の動き【県生コン業界】(2005.12.28 奈良新聞)

   公共事業など建設工事に不可欠な生コンクリートだが、中小企業協同組合法に基づき製造業者が加盟する協同組合が、品質管理や受発注などを責任をもって対応している。ところが県平野部管轄の北部組合を事実上解雇された幹部が、南部組合で活動するとともに同区域の会社代表となって、北部地域で営業活動を行うだけでなく、品質に問題がある他府県の業者を県内に入れ、業界内を混乱させているとして、損害賠償請求などの法的手続きが準備されていることが27日、奈良新聞社の調べで分かった。

→詳細は不明です。記事だけみれば、組合活動阻害と組合未加入業者のような
 活動を行なっているようですが。
 解雇された幹部というのも気になるところです。

 続報が入手できればまた投稿したいと思います。昨年末の記事でした。
[PR]
by contpic | 2006-01-05 10:31 | ニュース